相続税/相続税でお悩みならベンチャーサポート税理士法人へ

相続税・相続税対策ならおまかせ下さい!
相続税でお悩みならベンチャーサポート税理士法人の相続税部へ

 

相続税とは?

相続税 (そうぞくぜい) は、
講学上は、人の死亡に基因する財産の移転に着目して課される税金を指し、
多くの国で採用されている。

日本では、相続税は相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)に基づき課される。
なお、同法には相続税と贈与税の2つの税目が規定されているが、これは、後者の贈与税が、
相続税の補完税であることによる。

相続税の根拠
相続税がなぜ課されるかについては、次の考え方があるとされる。

封建化の阻止:封建制度の本質は経済的身分と政治的身分の世襲であるが、
相続税により相続人から相続される財産を削ぎ、富の蓄積そして富の蓄積によりおこる
身分階級の固定化(封建化)を防ぐことができる。 
遺産税:人は死ぬときに、生前に築いた財産を社会に還元すべきであるとの考え方。 
遺産取得税:相続という偶然の事象による財産の取得を抑制すべきであるとの考え方。
労働収入や投資収入などの他の経済収入に比べて遺産収入は経済活動に対する報酬が皆無に等しい。
よって経済の効率から考えてその税率は高く設定すべきである。 


このような方にお勧めです。

世界の相続税

写真

かつて、贈与税がなかった時代には、財産を生前贈与によって移転することで、容易に相続税課税の回避を行うことができた。特にイギリスでは1974年まで、贈与税がなかったことから、世襲貴族などの資産家の富の承継が可能で、貧富の差の拡大を招いた。

スイスには国税としての相続税(直系卑属や配偶者に対するもの)がなく、一部の州の州税としてあるのみである。このためスイスは世界中から財産を集め、また多くの文化財の散逸を防いだとも言われている。また香港では2006年2月から相続税が廃止されている。

その他、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、イタリア、マレーシア、シンガポール、など相続税が廃止された国は多い。廃止の理由としては事業の承継の妨げになるという批判、家庭への国家の介入は最小限にすべきという考え、タックス・ヘイブンとして海外から資産家を呼び込みたいという意図などが背景にあると思われる。

一方でアメリカにおける相続税の廃止・存続における議論においては議会の審議会での公聴では一代で財を築いた大富豪のビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどは継続を主張。次のオリンピックの代表選手を昔のオリンピック選手の子供だけから選ぶようなものだと、階級の固定化および経済的弊害への主張がなされた。反面、その主張は才能は平等に分配されておらず、一代で富を築くことができる人のみに有利な理屈だとの意見も出された。




写真

節税セミナー

説明文
画像を左に寄せて、文章を右に入れる場合は、画像タグに「class=”left”」と追加します。


写真

以下説明文が入ります。

説明文

ご購入はこちらから